日本にはない中国独特のビジネスアイデアを紹介するとともに、商品を自分で作り、ネットで販売するというプロセスを日記形式で公開します。


by partaker

取材のお礼状



中国ビジネスランキング第1位
Partaker ブログランキング☚ご協力お願いします。

↑↑↑ 毎日、ワンクリックしていただくと非常にうれしいです。↑↑↑

日本にはない中国独特のビジネスアイデアを
無料配信中⇒⇒⇒こちらより無料登録


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【プロフィール】【中国レポート】【メールマガジン】【無料レポート】
【サンプル】【動画・映像】【インプロビック】【私へのメール】
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


取材をしていただいたら、必ずお礼をしなくてはなりませんね。

僕の場合は、向こうから、是非、取材を引き受けてくれないかと
依頼が来たので、一見、僕はお礼状を書かなくてもいいかのように
思う人もいるかもしれないが、長い目で見れば、この取材は、次に
つなげなければならないと思う。

この取材により、いわゆる、メディアとのコネができたので、
これから、何かメディアで宣伝したいと言う時に、今度は、逆に
僕の方からお願いすることもあると思う。

その時に、この取材でいい印象を与えておけば、次回も必ず、
引き受けてくれると思う。

だけど、多くの人は、お礼状を書きませんね。
だから、取材が一回で終わってしまうのです。

むろん、取材されること自体がかなり難しいんですが。

でも、地道に、質の良い情報を提供していれば、
メディアの方から寄ってきますよ。

そして、取材の依頼がきますよ。

取材の依頼が来ないのは、情報の質が悪いから。
取材する人の心を動かすことができなかったら、
メディアに出そうとは思わないですよね。

その人にも、上司がいて、新聞に載せるのに、ふさわしいかどうか
を見られる。その時に、上司に、よくこんな情報を手に入れたなと
言われたいがゆえに、取材する側も、かなり鋭い視点でいろんな情報を
探っています。

だから、いい情報を提供していれば、人の心を動かすことのできる情報を
絶えず、提供していれば、メディア側は自然に寄ってきます。

そして、もし寄ってきたら、その機会を逃してはいけません。
2回、3回と、取材をされる必要があります。

だから、一回目に取材されたら、たとえ、向こうから取材の依頼が来ても、
こちらからお礼を言わなければならない。もう一回、取材していただくために。

僕は、取材のお礼を以下のように、まとめた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●●さん、
おはようございます。

都留文科大学4年、
中田祐也です。


新聞を昨日夜、受け取りました。
わざわざ、郵送していただき、誠にありがとうございます。

以前、大手某雑誌会社に取材していただいたのですが、
だいたい10分くらいの取材で、その結果、発行された
雑誌には、私が全く発言していないことが多く書かれて
いました。本当に、ショックでした。

しかし、●●さんは私が語ったことを非常に上手に縮約していただき、
私は山梨日日新聞を通して、後輩にメッセージを伝えることができたと
思っております。

これは、●●さんが私のブログや中国レポートに興味を持って頂きまして、
私を取材していただき、また●●さんの書き方が非常に上手であるためです。

本当に取材をしていただきましてありがとうございました。
取材の時間も非常に楽しかったです。また、これからも機会がありましたら、
私が大きく成長した後に、再び取材をしていただけたら幸いだと存じております。

これからの●●さんのご活躍を祈念しております。


都留文科大学4年
中田祐也



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最後に、

「また、これからも機会がありましたら、私が大きく成長した後に、
再び取材をしていただけたら幸いだと存じております。」

と、2回目の取材の依頼をほのめかしておくことが重要ですね。


お礼状を書くということは、次の取材の可能性を大きくあげることに
なるということをお伝えしたかったのです。

それでは。


パーテイカー



追伸

只今、ダイエット中です。目標は、70KG。
今は、115KG。


b0183063_19283763.jpg


b0183063_19284825.jpg


b0183063_192995.jpg


b0183063_19293879.jpg


b0183063_1929512.jpg


b0183063_1930563.jpg


b0183063_19301937.jpg




日本にはない中国独特のビジネスアイデア情報を
無料で配信中。こちらより、ご覧になれます。
↓↓↓
日本にはない中国独特のビジネスアイデアを
無料で学ぶ






一年半かけて中国でマーケットリサーチを行った結果をまとめた
「超プレミア中国ビジネスアイデアレポート」はこちらよりご覧になれます。
↓↓↓
Partakerが一年半、中国でもがきながら
市場調査を行った結晶を見る





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


中国ビジネスランキング 第1位
こちらクリック



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「中国ビジネスアイデアレポート」を詠みたい方はこちら
http://www.improbic.net/con/partaker/sales/home.html

私のメールマガジンを詠みたい方は、こちら無料
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/merumagatourokupage.html

「中国ビジネスアイデア無料レポート」を詠みたい人は、こちち無料
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/freereport.html

「中国ビジネスアイデアレポート」のサンプル商品は、こちら無料
http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/sample/shishi.zip

インプロビックとはどんな会社なのかを知りたい方はこちら
http://www.improbic.net/

私のプロフィールはこちら
http://www.improbic.com/home/team/index.html

さらに詳しく私を知りたい方はこちら
http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/introduction/profile.pdf

何か、中国の商売人や起業家に聞いてほしいことがあったら、
こちらに書いて、メール送ってください。私が、代わりに聞いてきます。↓↓↓
partaker@improbic.com

中国ビジネスランキング「第1位」 
こちらをクリック 




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


【株式会社インプロビック情報】

私の尊敬する社長、平秀信の書籍です。
これを読んで私は人生が変わりました。








私に投資してくださっているEric網倉の書籍です。







私に投資をしている上司の網倉博が新聞に
取り上げられました。






私も山梨日日新聞に取材をされ、新聞に取り上げられました。
是非、見てください。










Copyright 2009-2010 Improbic.inc All Rights Reserved.

[PR]
by partaker | 2010-02-23 19:31 | 起業情報