日本にはない中国独特のビジネスアイデアを紹介するとともに、商品を自分で作り、ネットで販売するというプロセスを日記形式で公開します。


by partaker

よく間違える日本人の英語






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


大学に入って、早稲田の学生センターに住むようになってから、
外国人との交流が一気に増えました。特に、中国人とアメリカ人。

まぁ、ルームメイトがアメリカ人と中国人だからというのもあるんだけど、
特に、日曜日は、必ず、中国人と会います。

アメリカ人とも多く会います。

特に、アメリカ人と会話をしているときに、日本人が良く間違える英語というのが
分かってきます。私の日本人の友人が使っている英語が面白くてしかたないって
いう時があります。

例えば、

自己紹介する時に、彼はアメリカと台湾のハーフです
って言う時に、

みなさんなら英語でなんて言いますか???


私の友人は

He is a half

って言っていました。

これを私が聞いて、面白くて仕方無かったです。


なぜでしょうか?


実は、half という単語に、日本語のハーフという意味はないんです。

ハーフというのは和製英語ですからね、
日本語のいわゆる国際結婚した親の子供という意味はないんです。

では、

he is a half

って、どういういみなんでしょうか???


答えは、

「彼はオカマです」

です。





だから、私はいつも、he is a half  

っていう英語を聞くと、笑ってしまうのです。


じゃ、どうすれば

「彼はハーフです」

という意味になるのでしょうか?


答えは、

he is mixed

です。

これがよく使います。

アメリカでは、

he is a half

といっても通じる場合がありますが、

オーストラリアやニュージーランドでは

この言い方は、オカマになってしまいます。


オーストラリアでは

he is a double

といういい方がよくされます。
彼はハーフですの意味で。


世界共通で、話されているのは、

やっぱり、he is mixed between Taiwan and America

が最も多いです。

日本に詳しいアメリカ人なら問題ないけど、どこの国からきたか分からない
人に、英語でhe is a half っていわないほうがいいですね。


相手がオーストラリア人だったら、完全にアウトです。

意味はオカマになってしまいますから。


英語を勉強するなら、なるべく世界共通で使われている英語を勉強しましょう。

いろんな国にはいろんな言い方がありますし、いろんな意味がありますから。



パーテイカー



P.S

湖南省の写真


b0183063_1164029.jpg


b0183063_1172988.jpg


b0183063_1173823.jpg


b0183063_1174997.jpg


b0183063_117596.jpg





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














Copyright 2009-2010 Improbic.inc All Rights Reserved.

[PR]
by partaker | 2010-04-25 01:18 | 日本の英語教育