日本にはない中国独特のビジネスアイデアを紹介するとともに、商品を自分で作り、ネットで販売するというプロセスを日記形式で公開します。


by partaker

カテゴリ:日本の英語教育( 12 )

ひどいよ






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


このデブ!!!


って言われたので、


その言い方ひどいよ

って言いました。


さて、英語ではひどいよってなんていうでしょう????


答えは、

too extreme!!

です。

トゥーイクストゥリーム



パーテイカー


P.S

湖南省の写真


b0183063_145065.jpg


b0183063_1451440.jpg


b0183063_145284.jpg


b0183063_1454248.jpg


b0183063_1455737.jpg


b0183063_1515682.jpg







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














Copyright 2009-2010 Improbic.inc All Rights Reserved.

[PR]
by partaker | 2010-04-25 01:40 | 日本の英語教育





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


朝、起きるのが遅かった時に、

昼に朝ごはんを兼ねて食べる時がありますよね。

その時に、日本語ではなんていいますか???


英語では brench といいます。

これは、朝ごはん breakfast と昼ごはん lunch
を合体した言葉です。

よく、brench という言葉は英語の中で使われます。

覚えておきましょう。


Partaker


P.S

Pictures in Hunan

b0183063_1281065.jpg


b0183063_1282068.jpg


b0183063_1283012.jpg


b0183063_1284572.jpg


b0183063_1285751.jpg





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














Copyright 2009-2010 Improbic.inc All Rights Reserved.

[PR]
by partaker | 2010-04-25 01:29 | 日本の英語教育





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


大学に入って、早稲田の学生センターに住むようになってから、
外国人との交流が一気に増えました。特に、中国人とアメリカ人。

まぁ、ルームメイトがアメリカ人と中国人だからというのもあるんだけど、
特に、日曜日は、必ず、中国人と会います。

アメリカ人とも多く会います。

特に、アメリカ人と会話をしているときに、日本人が良く間違える英語というのが
分かってきます。私の日本人の友人が使っている英語が面白くてしかたないって
いう時があります。

例えば、

自己紹介する時に、彼はアメリカと台湾のハーフです
って言う時に、

みなさんなら英語でなんて言いますか???


私の友人は

He is a half

って言っていました。

これを私が聞いて、面白くて仕方無かったです。


なぜでしょうか?


実は、half という単語に、日本語のハーフという意味はないんです。

ハーフというのは和製英語ですからね、
日本語のいわゆる国際結婚した親の子供という意味はないんです。

では、

he is a half

って、どういういみなんでしょうか???


答えは、

「彼はオカマです」

です。





だから、私はいつも、he is a half  

っていう英語を聞くと、笑ってしまうのです。


じゃ、どうすれば

「彼はハーフです」

という意味になるのでしょうか?


答えは、

he is mixed

です。

これがよく使います。

アメリカでは、

he is a half

といっても通じる場合がありますが、

オーストラリアやニュージーランドでは

この言い方は、オカマになってしまいます。


オーストラリアでは

he is a double

といういい方がよくされます。
彼はハーフですの意味で。


世界共通で、話されているのは、

やっぱり、he is mixed between Taiwan and America

が最も多いです。

日本に詳しいアメリカ人なら問題ないけど、どこの国からきたか分からない
人に、英語でhe is a half っていわないほうがいいですね。


相手がオーストラリア人だったら、完全にアウトです。

意味はオカマになってしまいますから。


英語を勉強するなら、なるべく世界共通で使われている英語を勉強しましょう。

いろんな国にはいろんな言い方がありますし、いろんな意味がありますから。



パーテイカー



P.S

湖南省の写真


b0183063_1164029.jpg


b0183063_1172988.jpg


b0183063_1173823.jpg


b0183063_1174997.jpg


b0183063_117596.jpg





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














Copyright 2009-2010 Improbic.inc All Rights Reserved.

[PR]
by partaker | 2010-04-25 01:18 | 日本の英語教育

大学卒業論文本編公開






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



大学の卒業論文を公開します。

全部英語で書かれていますが、興味深い内容だと
思います。

私の主任指導教官がイギリス人であったので、
英語で書かなければなりませんでした。

これを日本語にして、レポートを作成して、
これから販売していきたいと思います。

こちらよりご覧になれます

http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/report/graduation.zip



Partaker




P.S

北京の写真



b0183063_10152827.jpg


b0183063_10153826.jpg


b0183063_10154813.jpg


b0183063_10155881.jpg


b0183063_1016856.jpg


b0183063_10162076.jpg


b0183063_10163758.jpg


b0183063_10194138.jpg


b0183063_10195162.jpg


b0183063_1020143.jpg


b0183063_10201135.jpg


b0183063_10202178.jpg


b0183063_10203121.jpg


b0183063_10204285.jpg


b0183063_10205354.jpg






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














Copyright 2009-2010 Improbic.inc All Rights Reserved.

[PR]
by partaker | 2010-04-17 10:21 | 日本の英語教育





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私の大学の卒業論文を公開します。

まずは、アウトラインから見てください。

全部英語で書いていますがたぶん読みやすいと思います。

こちら
http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/report/outline.zip


パーテイカー


P.S

北京の写真


b0183063_0105641.jpg


b0183063_0111252.jpg


b0183063_0112330.jpg


b0183063_0114658.jpg


b0183063_012048.jpg


b0183063_0122855.jpg


b0183063_013999.jpg


b0183063_0132719.jpg


b0183063_0134055.jpg


b0183063_0135721.jpg


b0183063_0141588.jpg


b0183063_014281.jpg


b0183063_0144816.jpg


b0183063_015129.jpg


b0183063_015131.jpg


b0183063_0153046.jpg





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














Copyright 2009-2010 Improbic.inc All Rights Reserved.

[PR]
by partaker | 2010-04-17 00:29 | 日本の英語教育
中国ビジネスランキング第1位
 Partaker ブログランキング☚ご協力お願いします。
毎日、ワンクリックしていただくと非常にうれしいです。
私のメールマガジンはこちらから(無料
 登録
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【プロフィール】【中国レポート】【メールマガジン】【無料レポート】
【サンプル】【動画・映像】【インプロビック】【私へのメール】
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

英語教育について論文を書いているので、
少しシェアします。

Should Japanese English Teachers, teaching English, use English to Teach?

日本の英語教師は英語を教える時、英語で教えるべきか?


On the 23rd of December in 2008, the board of education announced that all English classes will be taught in English by Japanese English teachers in high
schools starting in 2013. They persist in saying that students’ English would
level up more quickly if students learn English in English. However, is this really
a good idea? I am strongly against this policy because it can lower the quality
of English education.

I oppose it for 3 reasons. The first reason is that students are not able to understand clearly to what the teacher is saying in class because their listening
skill is not so high. Of course, there may be some students who can understand
the teacher’s English, such as returnees who have been in English speaking countries or have taken special education for gifted children. However, to most normal Japanese students in high school, it would be too difficult for them to be taught in English. This kind of English teaching would be a waste of time because they cannot understand what the teacher is saying in English and it would be the same as noise.

The second reason is that the English language teaching can cause students to dislike English more. Generally speaking, it is hard for Japanese students to understand English grammar even in the Japanese language. For example, they cannot clearly grasp the difference between “had been” and “was/were” when
the teacher explains it, using Japanese. Even in Japanese, it is difficult for them
to understand it. How can they understand if it was taught in English? There
would be many problems for both the students and the teachers. Then a lot of students will come to hate English more.

The third reason is that the English pronunciation by Japanese teachers is
usually not so good. Presently in Japan, even students who are not good at
English or cannot speak English well are able to become the teachers of English. They only have to take the practice teaching and pass the employment test to become an English teacher. There is no English communication test or listening
test to become an English teacher. So we cannot say their English communication skill is high or their English pronunciation is so good; those returnees who have experienced study abroad program in an English speaking country may possess
the necessary skills. When I took English classes in junior high school and high school, I was not able to understand the teacher’s pronunciation at all. It is
totally different from a native speaker. Thus, after I listened to the English audio track of the textbook, and then I listened to my teachers’ English reading of the same textbook, I felt very strange. It was completely different.

Japanese English teachers’ poor pronunciation can easily and directly influence
the students’ pronunciation; and once learned, habits cannot be easily changed. Because of the present situation of English education, teachers should teach students in Japanese. Concerning English pronunciation, it is okay that they
leave it to English native speakers, the ALTs. The Japanese teacher of English should recommend students to listen to English in their daily life. So in my
opinion, the Japanese English teacher must instruct the English class in
Japanese.

Because of the 3 reasons stated above, I am not in favor of this policy of education. It can really lower the quality of English education.



高校の英語の授業は英語で教えるようにと教育委員会が発表して、2013年から
授業が英語で行われるらしいです。それについて、僕は、反対しています。

その理由は3つあって、一つは、生徒が聞き取る能力が
ないということです。2つ目は、英語での英語教育はますます
生徒の英語嫌いを悪化させてしまうということです。そして、
最後に、英語教師の発音が最低なので、変な発音が生徒にうつる
ということです。生徒に、間違った発音を教えるくらいなら、
なにもしないほうがよいということです。一回身に着いた発音は
あとで、やっかいなことになりますからね。



ここは、人民公園というところです。
b0183063_0382366.jpg


ここは、ワイタンというところにある河の下です。海の下です。
b0183063_038392.jpg


これは、マリンタワーの近くにある、屋台です。ここでさんまを食べました。
b0183063_0385146.jpg



中国独特のビジネスアイデアは、
私のメールマガジンに書いています。

こちらより、見てください。
↓↓↓
中国独特のビジネスアイデアを学ぶ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


中国ビジネスランキング 第1位
こちらクリック  

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「中国ビジネスアイデアレポート」を詠みたい方はこちら
http://www.improbic.net/con/partaker/sales/home.html

私のメールマガジンを詠みたい方は、こちら無料
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/merumagatourokupage.html

「中国ビジネスアイデア無料レポート」を詠みたい人は、こちち無料
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/freereport.html

「中国ビジネスアイデアレポート」のサンプル商品は、こちら無料
http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/sample/shishi.zip

インプロビックとはどんな会社なのかを知りたい方はこちら
http://www.improbic.com/

私のプロフィールはこちら
http://www.improbic.com/home/team/index.html

何か、中国の商売人や起業家に聞いてほしいことがあったら、
こちらに書いて、メール送ってください。私が、代わりに聞いてきます。↓↓↓
partaker@improbic.com

また、質問、意見、感想などもこちらにお願いします。
↓↓↓
partaker@improbic.com

中国ビジネスランキング「第一位」 
こちらをクリック 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


P 中国情報事業部

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-32 近江屋ビル6階
株式会社 インプロビック TEL 03-5227-1045
ホームページアドレス http://www.improbic.com/
[PR]
by partaker | 2009-12-06 00:09 | 日本の英語教育
中国ビジネスランキング第1位
 Partaker ブログランキング☚ご協力お願いします。
毎日、ワンクリックしていただくと非常にうれしいです。
私のメールマガジンはこちらから(無料
 登録
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【プロフィール】【中国レポート】【メールマガジン】【無料レポート】
【サンプル】【動画・映像】【インプロビック】【私へのメール】
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「自分が考える理想の英語教育」
                            
 私が考える理想の英語教育は、生徒に自分で考える力をつけさせるという
教育である。目の前に、川があって、お腹を空かしている子供がいるとする。
あなたは、釣りのプロであり、どうやって魚を釣ればよいかよく知っている
としよう。その時に、あなたは、その子供に魚を釣ってあげて、魚をその子
供にあげるのか、それとも、魚はあげないが、魚を釣る方法をその子供に
教えてあげるのかどちらか。

 一見、自分で魚を釣って、子供に魚をあげるのは良い行動であるかのよう
に見えるが、実は、これは子供をだめにさせる最も残酷な方法である。その
時は、お腹は満たされるだろうが、そのあとは、その子供は魚を釣る方法が
分からないので、飢え死にすることになるだろう。

 この例は、私たちに一つの模範を示している。日本の多くの教員はその場
しのぎの教育しかできない。彼らは、生徒に英文の成り立ちを科学的に、原
理的に追求して自分で理解し、納得していくというプロセスを教育していな
いので、生徒は社会に出てから、全く学校でやったことが反映されてないと
いうのが現状である。これは、すべて教員の間違った教育から来ている。

 それでは、どうすればこの問題を解決できるのか。それは、生徒に答えを
教えるのではなく、解決までのプロセスを教えてあげることである。これが
できる人は私が考えている理想の英語教育を行っている人であると言える。

特に、大学入試試験で必ず利用するであろう
センター試験。

これ、実は、多くの教員は、満点取れない。
自分の専門であっても満点は取れない。

僕が高校3年生の時に、政治経済の先生が、センターの政治経済で
98点も取れたよって言っていた。

僕は、は?と思った覚えがある。

政治経済の先生なんだから、100点取るのは当たり前だろう
って思っていたからである。

英語の先生も、満点取れてた先生はいなかった。
200点満点中、多くの教員は180点とか、190点とか。

その時は、本当にびっくりしたよ。専門の先生でもセンター試験
満点が取れない。

で、後から分かったんだけど、
センター試験というものは満点を取るのが非常に難しい
試験であるということである。

もちろん勉強すれば、簡単に8割くらいは取れるようになるのだけど、
満点は非常に難しい。

ここで、先生、教員は、満点をとる方法ではなく、
どうやって英語の問題を解いたらいいのか、
どういう順番で進めていったらいいのかを
理由を含めて、生徒に語る必要がある。

こういう戦略っていうのは、日本の教員は行わない。
一部の超進学校だけである。

多くの教員は、答えを見て、
それを解説して終わり。

これじゃ、生徒の英語力はみにつかないね。
だって、ただ、紙に書いてあることだけを
言っているんだからさ。


マリンタワーというところの付近を観光するツアーバスに乗りました。
b0183063_0413588.jpg


b0183063_0414751.jpg


b0183063_0415888.jpg




中国独特のビジネスアイデアは、
私のメールマガジンに書いています。

こちらより、見てください。
↓↓↓
中国独特のビジネスアイデアを学ぶ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


中国ビジネスランキング 第1位
こちらクリック  

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「中国ビジネスアイデアレポート」を詠みたい方はこちら
http://www.improbic.net/con/partaker/sales/home.html

私のメールマガジンを詠みたい方は、こちら無料
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/merumagatourokupage.html

「中国ビジネスアイデア無料レポート」を詠みたい人は、こちち無料
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/freereport.html

「中国ビジネスアイデアレポート」のサンプル商品は、こちら無料
http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/sample/shishi.zip

インプロビックとはどんな会社なのかを知りたい方はこちら
http://www.improbic.com/

私のプロフィールはこちら
http://www.improbic.com/home/team/index.html

何か、中国の商売人や起業家に聞いてほしいことがあったら、
こちらに書いて、メール送ってください。私が、代わりに聞いてきます。↓↓↓
partaker@improbic.com

また、質問、意見、感想などもこちらにお願いします。
↓↓↓
partaker@improbic.com

中国ビジネスランキング「第一位」 
こちらをクリック 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


P 中国情報事業部

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-32 近江屋ビル6階
株式会社 インプロビック TEL 03-5227-1045
ホームページアドレス http://www.improbic.com/
[PR]
by partaker | 2009-12-05 23:38 | 日本の英語教育
中国ビジネスランキング第1位
 Partaker ブログランキング☚ご協力お願いします。
毎日、ワンクリックしていただくと非常にうれしいです。
私のメールマガジンはこちらから(無料
 登録
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【プロフィール】【中国レポート】【メールマガジン】【無料レポート】
【サンプル】【動画・映像】【インプロビック】【私へのメール】
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今、英語で、なぜ日本人は英語ができないのか
ということについて、書いているんですが、
その英語論文を東京外国語大学のイギリス人の教授に
厳しくチェックしてもらっています。

その一部を今から書きます。使っている単語はそんなに難しく
ないから、たぶん、みんな読めると思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


1. Japanese people don’t learn what they have studied


People can learn English if they study it for a long time in any ways.
However, Japanese people cannot use English although they have
been studying for a long time. Why cannot they use it very well?
What can they do to improve English? I will touch this problem,
compared to Chinese English Education.

What can they do to improve English? Stated quite simply, if they learn
what they have studied, their English can be improved soon. It is nonsense
that they forget what they have studied soon; this is Japanese English
education. Here, I will state the effective way of studying.

A lot of English teachers have the mistaken idea that our English can be
improved soon if we read a lot of books written in English. So they often
recommend us to read many English books. However, I strongly insist
that it can be waste of time to read them because we have not laid the
foundation of their English. Because of that, even if we do the extensive
reading, we cannot understand what the author wants to say in the books.
Because we cannot understand it, it will be the useless studying. After we
have made the base of our English, we should read a lot of English books.
Now, what will we do to improve English effectively?

The answer is to make the base of English, using the same textbook.
In China, the teachers make students review what they have already studied
from a variety of viewpoints: they are supposed to review English vocabulary
and grammar through listening and speaking in reading class. So their reading
class is not just ordinal reading class. It is related to listening and speaking.
Like this, Chinese teachers let students make the foundation of English through repetition in the class.

Japanese students usually review what they have studied in their class because the teachers give them a lot of home work and make them prepare the lesson
every day. Students have many home works and have no time to review what
they have studied. As a result, they study too many things and cannot absorb
what the teachers teach. The teachers also give them many home works one
after another and make them read many stuff recklessly. So the students cannot learn what they’ve studied. This is not an efficient way, but an temporarily input. They can forget what they have studied after one month.

So Japanese people should take longer time to review what they have studied. Most teachers make students translate English sentences in the textbook to Japanese ones as a preparation for class. However, most students do the home work, using a dictionary in the state that they have no base of English, and they don’t know how to read English. This is kind of operation of changing English into Japanese. To learn English, they must study English, not do some operations.

So the teachers have to make a program for students to review from a variety of viewpoint and make the foundation of English. During the compulsory education, they must do this, otherwise, the students’ English cannot be improved forever.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

要するに、
やったことが身についていないから
日本人は英語ができないということです。

中国では、耳を通しての復習を重視します。
だから、中国人の英語は日本人よりもはるか
にいいです。

日本人は、復習というよりも予習に
時間をかけるでしょう???

やったことも身についていないのに、
次にいくから、時間のむだ、労力の無駄
になるということです。

もっと復習中心主義にしないと
日本人は英語ができるようにはならないと
思います。

では。


これは、ワイタンというところにあるレストラン街です。
外資系のレストランが多いです。
b0183063_16484230.jpg


これは、新天地というところにあるデパートの中です。
b0183063_16485349.jpg


このデパートの中で、夜ごはんを食べました。
b0183063_164923.jpg



中国独特のビジネスアイデアは、
私のメールマガジンに書いています。

こちらより、見てください。
↓↓↓
中国独特のビジネスアイデアを学ぶ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、 
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


中国ビジネスランキング 第1位
こちらクリック  

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「中国ビジネスアイデアレポート」を詠みたい方はこちら
http://www.improbic.net/con/partaker/sales/home.html

私のメールマガジンを詠みたい方は、こちら無料
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/merumagatourokupage.html

「中国ビジネスアイデア無料レポート」を詠みたい人は、こちち無料
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/freereport.html

「中国ビジネスアイデアレポート」のサンプル商品は、こちら無料
http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/sample/shishi.zip

インプロビックとはどんな会社なのかを知りたい方はこちら
http://www.improbic.com/

私のプロフィールはこちら
http://www.improbic.com/home/team/index.html

何か、中国の商売人や起業家に聞いてほしいことがあったら、
こちらに書いて、メール送ってください。私が、代わりに聞いてきます。↓↓↓
partaker@improbic.com

また、質問、意見、感想などもこちらにお願いします。
↓↓↓
partaker@improbic.com

中国ビジネスランキング「第一位」 
こちらをクリック 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


P 中国情報事業部

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-32 近江屋ビル6階
株式会社 インプロビック TEL 03-5227-1045
ホームページアドレス http://www.improbic.com/
[PR]
by partaker | 2009-12-05 16:35 | 日本の英語教育
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
中国ビジネスランキング1位
 Partaker ブログランキング
毎日、ワンクリックしていただくと非常にうれしいです。
私の無料メルマガはこちら
 登録
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

僕が、なぜ日本人が英語ができないのかという問題を解決できたのか
というと、中国の英語教育について研究したからである。

2008年3月から2009年3月まで、僕は、中国の英語教育を
調べるために中国に行った。

中国ではどのように英語を教えているのかを徹底的に研究し、
それを日本人が英語ができない理由と結び付けて考えようとしたのである。

すると、私の予想は的中し、信じられないことに、日本とは全く、
正反対の英語教育をなされているのであった。

その英語を教えている教育方法で、私は中国語を勉強してみることにした。
すると、学習して、半年で、英語よりも中国語ができるようになったのだ。

英語については、もう10年以上勉強しているのに、
中国語の方が半年で英語よりもできるようになったのである。

それは、中国の英語教育を研究し、その通りに、中国語を学習したからである。
僕たちは、まさに、この中国で行われている英語教育を学ぶべきだと強く思った。

実際に、中国の大学に通っている中国人はみんな英語ができる。
どの学部でも、理系文系に関わらず、みんなできる。

僕は中国での英語教育方法を採用し、1年間、中国語を学んだ結果、
今では、中国語の通訳ができるまでになった。

この10年かけて学んできた英語と、1年と少ししかまなばないで
通訳レベルになれた中国語とのこの差は一体、何なのか?

もっと簡単に言ってしまえば、日本人と中国人の英語力の差はなんなのか?

これは、まさに、中国の英語教育が学生に英語ができるように
組み立てられているものであり、日本の教育とは別物であるということである。

簡単に言ってしまえば、日本の教育は完全に間違っているのである。
今の日本の英語教育では、生徒は永遠に英語ができるようにはならないのである。

まず、今の日本の教育を根本から変える必要がある。
この中国での調査で、わかったことをこれからレポートにして
明らかにしていきたい。

これを日本人が知れば、英語なんて簡単にできるようになると
私は確信しているからだ。


パーテイカー

b0183063_9523983.jpg


b0183063_9524899.jpg


b0183063_953660.jpg


b0183063_9531570.jpg


b0183063_9532811.jpg




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



中国総合ランキング ⇒  こちらクリック  

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


「中国ビジネスアイデアレポート」を詠みたい方はこちら
http://www.improbic.net/con/partaker/sales/home.html


私のメールマガジンを詠みたい方は、こちら(無料です。)
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/merumagatourokupage.html


「中国ビジネスアイデア無料レポート」を詠みたい人は、こちら(無料です。)
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/freereport.html


「中国ビジネスアイデアレポート」のサンプル商品は、こちら(無料です。)

http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/sample/shishi.zip



インプロビックとはどんな会社なのかを知りたい方はこちらをクリック
http://www.improbic.com/


インプロビックのホームページはこちらをクリック
http://www.improbic.com/home/jobs/index.html


私のプロフィールはこちらをクリック
http://www.improbic.com/home/team/index.html

私のオフィシャルサイトはこちら
http://www.improbic.net/con/partaker/sales/officialsite.html

平秀信のブログはこちら
http://newlifestyle50.blogspot.com/


私の上司 Eric 網倉のメールマガジン登録はこちら
http://www.amikurahiroshi.com/freecontents.html


何か、中国の商売人や起業家に聞いてほしいことがあったら、
こちらに書いて、メール送ってください。私が、代わりに聞いて
きます。↓↓↓

partaker@improbic.com


また、質問、意見、感想などもこちらにお願いします。
↓↓↓

partaker@improbic.com


中国総合ランキング ⇒  こちらをクリック 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


P 中国情報事業部

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-32 近江屋ビル6階
株式会社 インプロビック TEL 03-5227-1045
ホームページアドレス http://www.improbic.com/
[PR]
by partaker | 2009-11-07 22:42 | 日本の英語教育

卒業論文の背景

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
中国ビジネスランキング1位
 Partaker ブログランキング
毎日、ワンクリックしていただくと非常にうれしいです。
私の無料メルマガはこちら
 登録
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


日本人はどうしたら英語ができるのかという問題を考える背景には、
日本人はなぜ英語が出来ないのかという問題がある。

だから、この問題をまず先に考える必要があると思った。
それから、日本人はどうしたら英語ができるのかを考えるべきである。

毎年12月には、私は、アメリカのロスに行き、
世界各国からくる友人と一緒に、年を過ごす習慣がある。

そこには、台湾の人やスペインの人、モンゴルの人、ロシア人、フランス人や
イタリア人、ケニア、トルコ、中国人の人も来る。

毎年、私は、ここにきて、思うことがある。
本当に、日本人は英語ができないなって。
それは、自分も含めてだが、一緒に行く日本人の友人の英語も全く、
聞きとれない。英語が、どの国の人に比べても、できないと私は肌で、感じた。

フランス人、ケニア人、スペイン人、のひとがどうどうと英語を
話しているのを聞いて、私は、もっと英語を勉強しなければならないと思った。

あるスペインの友人に言われた言葉があって、それは、
「お前の英語をなんとかしろよと。」で、私は、正直、ショックを受けた。

やはり、僕は英語ができないと思った。

なぜなら彼と会話しているときに、私はよく聞きとれないからである。
しかし、彼は私に何回も同じ文を聞いてくるので、さすがに気になって、
紙に書いてもらった。

そしたら、「when are you leaving?」という簡単な中学生でも
わかる単語だったのである。しかし、私はこれを聞きとれなかった。

むしろ、彼はずっとこう言っているかと思った。「Where you living?」

だから、私はずっと、こう答えていたのである。「I live in Japan.」

そしたら、みんな笑っていた。
こんな簡単な言葉でも、日本人は聞きとれないのである。

このことがあり、私はもう10年も英語を勉強していて
なぜ日本人は他の国に比べて、英語ができないのだろうということに
関心をもち、少しづつ、研究するようになった。

そして、ついに、なぜ日本人は英語ができないのかというテーマの答えが
今、研究のなかであきらかになった。



パーテイカー


これは、北京の歩行街で販売されているお茶です。
自由にお茶を飲むことができます。

b0183063_14273124.jpg


このように、無料で配っています。ここで、お客に味わってもらい、商品を
かってもらうのです。北京では、お客に味わってもらうために、結構大量に
お茶の葉を使用します。台湾でもそうだったけど、北京のお茶の1割くらいは、
試飲にあてていきます。全く、ケチらないですね。
b0183063_14274035.jpg


ここは、日本で言うところの秋葉原です。電気製品を中心に販売しています。
b0183063_14275433.jpg


北京に吉野家がありました。
b0183063_14281159.jpg


しかし、生玉子はありませんでした。中国では、卵は生で食べることが
できませんから。それ以外は、ほとんど日本とおなじでした。
b0183063_14282171.jpg



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 これらの写真や文章は著作権で保護されています。
 私の同意・許可なしに、これらを乱用した場合、
 罰金100万円を請求します。ご注意ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



中国総合ランキング ⇒  こちらクリック  

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


「中国ビジネスアイデアレポート」を詠みたい方はこちら
http://www.improbic.net/con/partaker/sales/home.html


私のメールマガジンを詠みたい方は、こちら(無料です。)
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/merumagatourokupage.html


「中国ビジネスアイデア無料レポート」を詠みたい人は、こちら(無料です。)
https://www.improbic.net/con/partaker/sales/freereport.html


「中国ビジネスアイデアレポート」のサンプル商品は、こちら(無料です。)

http://www.improbic.net/download/pdf/partaker/sample/shishi.zip



インプロビックとはどんな会社なのかを知りたい方はこちらをクリック
http://www.improbic.com/


インプロビックのホームページはこちらをクリック
http://www.improbic.com/home/jobs/index.html


私のプロフィールはこちらをクリック
http://www.improbic.com/home/team/index.html

私のオフィシャルサイトはこちら
http://www.improbic.net/con/partaker/sales/officialsite.html

平秀信のブログはこちら
http://newlifestyle50.blogspot.com/


私の上司 Eric 網倉のメールマガジン登録はこちら
http://www.amikurahiroshi.com/freecontents.html


何か、中国の商売人や起業家に聞いてほしいことがあったら、
こちらに書いて、メール送ってください。私が、代わりに聞いて
きます。↓↓↓

partaker@improbic.com


また、質問、意見、感想などもこちらにお願いします。
↓↓↓

partaker@improbic.com


中国総合ランキング ⇒  こちらをクリック 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


P 中国情報事業部

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂5-32 近江屋ビル6階
株式会社 インプロビック TEL 03-5227-1045
ホームページアドレス http://www.improbic.com/
[PR]
by partaker | 2009-11-07 22:37 | 日本の英語教育